一口馬主のオッパーピー
*
ホーム > 地域 > ラッキータイム

ラッキータイム

ようやく始める時という状況では何をおいても下調べをおろそかにしてはいけません。

 

取引を行う前ならば、相場を合理的に調べる事ができる余裕があります。

 

だが、トレードの中へ立ち入ってしまうと、どうあがいても物の見方が自己中心的になってしまいがちで、冷静な見方がわからなくなる不安があります。

 

それだけにあなたの考え方が落ち着いている時に、正しく準備する事が大切です。

 

この"準備"とは、はじめはあなたの脚本を作る事から始めます。

 

将来の投資状況はこうなるだろうからこの通貨を取引するというふうに、自分だけの物語を描いていきます。

 

次は日足チャートを確認しましょう。

 

為替レートの動きを確認して、今現在のチャートを確かめます。

 

すると、「ひどく低すぎる状態になっているな」とか、あるいは「すでにたくさんの方々が勝負している今さら自分がエントリーしても今はもう手遅れだな」などと判断できます。

 

言うまでも無く売り(または買い)するがやりようがないと感じたならば売買しないで、この場面ではきっぱりと割り切ることが肝心です。

 

どうやってもあなたなりの物語を譲らずに吹っ切らずに新規エントリーすると、外国為替市場に押し返されて、そればかりか損害を受けることになるリスクがあります。

 

そうは言ってもたいがいの場面で、用意周到に物語を書いているとすれば、取引が遅いなという具合にはならないと思います。

 

大方、明確に為替相場が上下動する前の状態のはずだからです。

 

次は、とりあえず自らが取引しようと思っている通貨の動きを、確認する事が大切です。

 

円安が進むと推測する物語を作成したのであれば該当する通貨の推移に用心しておきます。

 

相場の動きを確認し始めた状況では分かりやすく上下動する雰囲気を見せないで、上下に細かい上下動を繰り返しているだけでしょう。

 

だけど、その上げ下げをチェックしていると、ある地点でゆっくりと、円安へと動き始めます。

 

ここでいよいよドル買いの注文をします。

 

基本的に、ここまで周到に事前準備をすればその売り買いで勝てる率は高まるはずだ。

 


関連記事

ラッキータイム
ようやく始める時という状況では何をおいても下調べをおろそかにしてはいけません。 ...
テスト
テスト記事です。...