一口馬主のオッパーピー
*
ホーム > 日常 > ドル買いの注文

ドル買いの注文

とうとう取引する時という場合には、第一に下準備を横着してはいけません。

 

 

売買を行う前であれば、場面を落ち着いて調査する事ができる余地があります。

 

ところが、いったんマーケットの中へ入ってしまうと、どう試みても物の見方が客観性を欠くものになる事が多く、状況によっては真っ当な考え方が出来なくなる。

 

リスクを負います。

 

だから自身の考え方が冷静な時に間違いない事前準備が必要です。

 

"事前準備"するためには、最初は自分だけの筋書きを描くことから行います。

 

今後の為替相場はああだからランドを勝負するみたいな、自分なりの脚本を書いていきます。

 

次に大事なのはチャートをチェックしましょう。

 

レートの上下を見極めて、現時点での値段を見ます。

 

そうすれば、「今のところかなり行き過ぎた状態になっているな」とか、もしくは「もうすでに大多数の投資家が仕かけているから、今から急に売買しても今となっては遅いな」ということが見えてくる。

 

無論もはや売り(または買い)するが遅すぎるなと思ったならば、手を出さないで、その状況ではすっぱりと割り切ることが不可欠です。

 

どうやっても自身の筋書きを押し通そうとして、強引に新しく注文するとマーケットに押し返されてしまいむしろ損失を被ることになるリスクがあります。

 

そうは言っても多くの場面で、準備が出来ているあなたなりの筋書きを作り上げていくと、売り(または買い)が手遅れということにはなりません。

 

大方、明確に外国為替市場が上げ下げする前のはずだから。

 

その次は、まずは自分自身がエントリーしようと決めている通貨の推移を、ちゃんとチェックすることが大切です。

 

もし、円安になるはずだという筋書きを記したのであればその通貨の変化に注目する事が大切です。

http://sentiry.at.webry.info/

マーケットの上げ下げを確認し始めた場面では、その通貨ははっきりと変化する気配を見せることはなく上がったり下がったりわずかな変化を繰り返しているだけだろう。

 

しかしながら、その動きをちゃんと気をつけていると、ある位置でゆっくりと、円安へと相場が推移し始めます。

 

この場面で、ドル買いの注文をします。

 

通常、ここまで計画的に準備をやっておけば、その取引で利益を上げる確率は割合大きくなります。

 


関連記事

年中裸足、半袖、半ズボンの保育園で
子供たちが通っていた保育園は私はとても気に入っていました。まず、年中半袖、半ズボ...
ドル買いの注文
とうとう取引する時という場合には、第一に下準備を横着してはいけません。 &nbs...
テスト
テスト記事です。...